地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、流山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

流山の地域情報サイト「まいぷれ」

見て!!見た!! 流山のイベント!

「言葉を越えて」世界の自閉症の子どもたちの作品展

流山市おおたかの森センターで開催

知っていましたか?4月2日は世界自閉症啓発デー。
この展覧会では、自閉症の人達によるアート作品に秘められた魅力をお伝えします。
流山の子どもたちの作品を含め70点の作品を展示してます。

自閉症の人達の絵を、冷たい壁ではなく、世界中の人達の温かな手によって支え持つAOAartの「言葉を越えてプロジェクト」。
ロンドン、北京、ソウル、ケニア、ニューヨーク等で行われているそのパフォーマンス・イベントを4月2日、国連が定めた世界自閉症啓発デーに合わせ、24時間プロジェクトとして実施されました。
昨日は、東京タワーなど東京の各所を回った後、最後は流山でフィナーレを迎えました。

代表理事である、藤島大千氏と準ミス日本の秋山果穂さんを中心に、世界を廻ったアートを参加者の皆さんの手で掲げて頂きました。
代表理事である、藤島大千氏と準ミス日本の秋山果穂さんを中心に、世界を廻ったアートを参加者の皆さんの手で掲げて頂きました。
以下の2枚の作品は、2013年に流山市生涯学習センターで開催した「言葉を越えて・自閉症のこどもたちとアーティストによるコラボレーション」展のワークショップで制作。
東部中学校の美術部員40名と、流山市在住の山本健太郎さんをはじめとした自閉症の方4人により制作された作品です。
この作品は、北京の24時間イベントで、延べ一千人の市民によって掲げられました
藤島代表理事より、絵の描き方にについて、最初、花瓶を描き、花の茎を描き、葉を描き、そして花を描く。誰に教えてもらったわけでなく、その人の素直な感性で描かれている。表現力の素直さをお話されていました。
藤島代表理事より、絵の描き方にについて、最初、花瓶を描き、花の茎を描き、葉を描き、そして花を描く。誰に教えてもらったわけでなく、その人の素直な感性で描かれている。表現力の素直さをお話されていました。
れいくんの作品
れいくんの作品
れいくんの作品
ワークショップを重ねるにつれ、手や服に絵具がつくことに慣れ、最近では喜んでいるようです。カラフルな色と友達になりました。
流山市役所教育長もご覧いただきました。(左より流山市教育長 後田氏、準ミス日本/秋山果穂氏、藤島代表理事)
流山市役所教育長もご覧いただきました。(左より流山市教育長 後田氏、準ミス日本/秋山果穂氏、藤島代表理事)
参加者の中にはおおたかの森高校の演劇部の部員も興味深く参加されていました。そしてJ:COMさんのTVクルーも参加。
参加者の中にはおおたかの森高校の演劇部の部員も興味深く参加されていました。そしてJ:COMさんのTVクルーも参加。
昨日の東京タワーでのイベンにも参加された秋山氏。参加してわかる、温かい人の手のぬくもりでささえられていることが体感できたと振り返っていらっしゃいました。(写真はAOAartのFBより転用)
昨日の東京タワーでのイベンにも参加された秋山氏。参加してわかる、温かい人の手のぬくもりでささえられていることが体感できたと振り返っていらっしゃいました。(写真はAOAartのFBより転用)
☆AOAart代表理事/藤島 大千氏
1965年に、東京生まれ。
現在、茨城県つくば市在住の日本画家。
1990年に故高山辰雄先生に師事し、現在日展会友(委嘱)として、活躍中。
2006年10月より、流山市生涯学習センターにおいて、流山日本画教室「千薔薇(せんそうび)」を開催。初心者から上級者まで、幅広い年代の方を対象にした絵画教室を開講中。
(大千氏の父親である博文氏は1941年に徳島県生まれ、1983年第15回日展特選、1989年第21回日展特選を受賞し、現在日展会員として活躍中。)
藤島大千氏ホームページ
Facebook

2015年度準ミス日本/秋山 果穂氏
1993年生まれ、埼玉県出身。
東京大学医学部在学中。
趣味は文学や芸術に触れること、アロマテラピー、パン作り。特技は勉強、書道、絵。
座右の銘は、スティーブ・ジョブズの名言「If today were the last day of my life would I want to do what I am about to do today?(もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか?」

☆AOAart
ホームページ
AOA=Autistic Or Artistic? (自閉症とするか、芸術とするか?)
Facebook

ボランティア募集
AOAartは、自閉症の方のためのアート療育を行うワークショップを月一回日曜日に流山市生涯学習センターで開催しています。
AOAartでは、その創作活動をサポートして下さるボランティアの方を募集しています。

●クラウドファンディングサイト
(自閉症の子どもたちによるアート活動支援する募金)

☆流山市市役所 ぐるっと流山での紹介記事です。
 ※より詳しくご紹介されています。