地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、流山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

流山の地域情報サイト「まいぷれ」

まいぷれ的 柏レイソル部

ホーム最終戦に勝利! ACLへの望みをつなぐ!!

セレモニーで監督・キャプテンの挨拶、そしてサポーターを見つめる選手の目

ACL出場権獲得に向けて、チーム一丸となって戦う!

スタジアムフードはこの日も人気!
スタジアムフードはこの日も人気!
今季リーグのホーム最終戦は、11月24日にヴィッセル神戸を迎えて開催されました。
4月21日にアウェイで戦ったときには1対3で負けていますので、リベンジを誓う一戦。日立台には12,406人のファンが詰めかけました。
勝てば大きくACL出場に近づくだけに負けられない柏レイソルと、J1残留をかけて負けられないヴィッセル神戸。

両チームの気迫は、立ち上がり早々からの激しいぶつかり合いに表れていました。
心を一つにして勝利を!
心を一つにして勝利を!
前半37分に2枚目のイエローカードで神戸の選手が退場となり、数的優位に立ったレイソル。引いて守る神戸相手に、焦らず落ち着いた試合運びを見せます。個人プレーに頼ることなく、全員で戦ってチャンスをうかがいます。
そして、後半26分。ジョルジ・ワグネル(MF・背番号15)が左足を振りぬいて蹴ったボールがネットに吸い込まれ、待望のゴールが生まれました!
チャンスを外す場面もありましたが、この1点が決勝点となり、1対0で勝利。他チームの結果もあり、4位に躍進するという、大きな大きな勝ち点3をもぎ取りました。
試合後、ホーム最終戦セレモニーが行なわれました。
スタンドに詰め掛けたみなさんは、ほとんどの方が残ってセレモニーを待っています。
準備のできた選手からピッチに現れ…監督席で待つ増嶋竜也選手とレアンドロ選手は、あっ、カメラ目線バッチリ!

全員揃って、セレモニーが始まりました。
御手洗尚樹代表取締役社長
「熱い熱い応援をいただき、ありがとうございました。ACLで中国や韓国に行きましても、多くの方に応援いただきました。今年、このスタジアムが新しくなりましたが、毎試合多くの方が来てくださいました。本当に本当にありがとうございます。
最終戦も精一杯戦って勝つよう、ACL出場を目指してチーム全員で頑張っていきたいと思います。そして天皇杯もあります。国立競技場でお会いできるよう、精一杯がんばります。これからも熱い熱い応援をよろしくお願い致します」
ネルシーニョ監督
「コンバンハ。いつもサポートしていただき、心から御礼申し上げます。今年掲げていた連覇という目標は叶えられなかったのですが、我々にはまだACL出場という可能性と目標が残っていますので、最後まで戦い続けます。今日は現場の人間を代表して、心から感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございます。
今日はリーグのホーム最終戦ですが、まだ鹿島との最終戦がありますし、12月15日には天皇杯のゲームがここで行われます。みなさんの応援を最後まで期待しています。元日まで行きましょう!
アリガトウ。1、2、3、ヴィトーリア!!」
キャプテンの大谷秀和選手(MF・背番号7)
「今年一年、本当に熱い応援をありがとうございました。今年はゼロックスに始まり、ACL、ナビスコ、リーグと、本当に多くの試合の中で、ホーム・アウェイかかわらず、みなさんの素晴らしい後押しをいただいたことを感謝しています。
まだ最終節にACL出場の可能性を残していますし、天皇杯も1月1日まで行くつもりでいます。そのために、あと少し、みなさんの後押しを期待したいと思います。
最後になりますが、今年も1年、本当にありがとうございました」
続いて、選手と監督がサポーターの前で見せた最高の笑顔をお届けします。

2012/11/29

PICK UP 流山のお店 ~グルメ~