地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、流山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

流山の地域情報サイト「まいぷれ」

まいぷれ的 柏レイソル部

柏の魂を受け継いで!

北嶋秀朗選手がロアッソ熊本へ期限付移籍

今回は、ロアッソ熊本への期限付き移籍となる我らがキタジ、北嶋秀朗選手についてお伝えします。

柏の魂をゴール裏に残して旅立つ

ロアッソ熊本へ期限付移籍となる北嶋秀朗選手(FW・背番号9)は、2012年5月31日、日立台での最後の練習を終えました。

5月26日の試合後にサポーターに挨拶をした北嶋選手。
ゴール裏スタンドで、「柏で培った魂をゴール裏に置いていきます。どんな状況になっても、レイソルを守ると約束してください」と、サポーターとの指切りげんまんで締めくくりました
今季の新体制発表会では、ACL用ユニフォームのモデルとして登場。<br>ACLには2試合に出場しました。
今季の新体制発表会では、ACL用ユニフォームのモデルとして登場。
ACLには2試合に出場しました。
北嶋選手は、1997年に市立船橋高校から柏レイソルに入団。2003年から2005年まで清水エスパルスで3年過ごし、レイソルがJ2シーズンでの戦いを余儀なくされた年、柏に戻ってきました。
2006年シーズンは「初心を忘れないように」と、柏レイソルに入団当初背負っていた背番号25を希望し、その翌年の2007年からエースストライカーの証しである背番号9を背負うことになります。
ちょうどそのシーズンの始まりでした。
初めて北嶋選手へのインタビューをさせていただきました。

私服で現れた北嶋選手は、試合中の厳しい表情とは打って変わって優しい笑顔で、すべての質問に丁寧に答えてくだったのを、よく覚えています。
2月に行われたキックオフパーティーでは、キャプテンとして挨拶。<br>「レイソルがいいときも悪いときも、常に変わらず応援いただいて感謝の気持ちでいっぱいです!」
2月に行われたキックオフパーティーでは、キャプテンとして挨拶。
「レイソルがいいときも悪いときも、常に変わらず応援いただいて感謝の気持ちでいっぱいです!」
あれから6年、いままでに何度かコメントをいただく機会がありましたが、チーム状況が厳しいときも、順調なときも、いつでもポジティブな気持ちを自分の言葉で語ってくれる選手です。
昨シーズン9得点をあげて今シーズンの活躍も期待されていただけに、レイソルを離れてしまうのは残念でなりませんが、ロアッソ熊本での活躍を楽しみにしたいと思います。
そしてまた、レイソルのユニフォームを身にまとう日が来ますように!

サポーターを見つめ続けたキタジ

取材をする中で、サポーターを見つめる北嶋選手の瞳がいつも印象的でした。厳しい表情を、優しい笑顔を、サポーターを見つめる瞳を、いくつかご紹介したいと思います。

2010年11月7日 ホームゲームで1年での昇格を決めた日

試合後にゴール裏スタンドで、サポーターと一緒にレッツゴー柏を歌うキタジ。
試合後にゴール裏スタンドで、サポーターと一緒にレッツゴー柏を歌うキタジ。
前半を0-0で終えるも、後半キタジのヘッドで先制点をあげて勢いに乗り、3-0で勝利をおさめ、1年でのJ1昇格を決めた試合です。
試合後にスタンドへの挨拶でスタジアムを1周する選手たち。キタジがとても清々しい目をしているなと思ったのを、いまでも覚えています。
そして記念撮影ではこの笑顔! シーズンを通して圧勝のイメージとは違い、どの試合も厳しかったはず。それだけに最高の笑顔です。

2010月11月27日 J2シーズンを終える日立台最終戦

昇格も優勝も決め、日立台最終戦を勝利で飾りたいという、サポーターへの思いにあふれた試合。
勝利で終わることはできませんでしたが、キャプテンキタジからは1年間の御礼が述べられ、場内一周をしてサポーターと握手を交わしました。

2011年10月16日 優勝を現実的な目標に見据えた勝利

試合前にピッチでストレッチをするとき、キタジはよくスタンドを見つめています。サポーターとの絆を確かめて、試合に力を注入するかのように。

この日、キタジは先発。試合前に相手チームの選手が挨拶に来ると笑顔で声をかけ、お互いの健闘を誓います。また、選手入場時に手をつなぐ子どもには、実に優しい笑顔で話しかけます。
試合はPKの1点を守って、優勝につながる勝ち点3をもぎ取りました。

2011年11月26日 優勝を決めたい日立台最終戦

結果次第ではJ1優勝が決まる大切な試合。
この厳しい表情で入念にシュート練習を続ける姿からは、ここ日立台で決めるんだという思いが伝わってきます。
そして日立台最終戦は、3人のお子さんと一緒に入場しました。慣れないことに泣いてしまった末っ子の娘さんを抱いて、奥様に「大丈夫だよ」と声をかける様子は、優しいお父さんの顔。
ピッチでの厳しい目差しや、ピッチを離れたときの笑顔をしばらく柏で見られなくなるのは淋しいですね。
が、ロアッソ熊本では、あの南雄太選手や藏川洋平選手、武富孝介選手など、レイソルに在籍していた選手が活躍しています。
北嶋選手が躍動する日を楽しみにして、応援していきましょう!

北嶋秀朗選手公式ブログ http://labola.jp/kitajima

柏レイソル部では、みなさんからの温かい励まし、監督・選手・スタッフへの質問・メッセージを受け付けています。みなさんに変わって直撃してきますよ! 取材依頼やお問い合せもまずはメールで! こちらからどうぞ。
では、次回の更新をお楽しみに。

2012/06/01

PICK UP 流山のお店 ~グルメ~