地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、流山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

流山の地域情報サイト「まいぷれ」

まいぷれ的 柏レイソル部

柏の魂を受け継いで!

北嶋秀朗選手がロアッソ熊本へ期限付移籍

今回は、ロアッソ熊本への期限付き移籍となる我らがキタジ、北嶋秀朗選手についてお伝えします。

柏の魂をゴール裏に残して旅立つ

ロアッソ熊本へ期限付移籍となる北嶋秀朗選手(FW・背番号9)は、2012年5月31日、日立台での最後の練習を終えました。

5月26日の試合後にサポーターに挨拶をした北嶋選手。
ゴール裏スタンドで、「柏で培った魂をゴール裏に置いていきます。どんな状況になっても、レイソルを守ると約束してください」と、サポーターとの指切りげんまんで締めくくりました
今季の新体制発表会では、ACL用ユニフォームのモデルとして登場。<br>ACLには2試合に出場しました。
今季の新体制発表会では、ACL用ユニフォームのモデルとして登場。
ACLには2試合に出場しました。
北嶋選手は、1997年に市立船橋高校から柏レイソルに入団。2003年から2005年まで清水エスパルスで3年過ごし、レイソルがJ2シーズンでの戦いを余儀なくされた年、柏に戻ってきました。
2006年シーズンは「初心を忘れないように」と、柏レイソルに入団当初背負っていた背番号25を希望し、その翌年の2007年からエースストライカーの証しである背番号9を背負うことになります。
ちょうどそのシーズンの始まりでした。
初めて北嶋選手へのインタビューをさせていただきました。

私服で現れた北嶋選手は、試合中の厳しい表情とは打って変わって優しい笑顔で、すべての質問に丁寧に答えてくだったのを、よく覚えています。
2月に行われたキックオフパーティーでは、キャプテンとして挨拶。<br>「レイソルがいいときも悪いときも、常に変わらず応援いただいて感謝の気持ちでいっぱいです!」
2月に行われたキックオフパーティーでは、キャプテンとして挨拶。
「レイソルがいいときも悪いときも、常に変わらず応援いただいて感謝の気持ちでいっぱいです!」
あれから6年、いままでに何度かコメントをいただく機会がありましたが、チーム状況が厳しいときも、順調なときも、いつでもポジティブな気持ちを自分の言葉で語ってくれる選手です。
昨シーズン9得点をあげて今シーズンの活躍も期待されていただけに、レイソルを離れてしまうのは残念でなりませんが、ロアッソ熊本での活躍を楽しみにしたいと思います。
そしてまた、レイソルのユニフォームを身にまとう日が来ますように!

2012/06/01

PICK UP 流山のお店 ~グルメ~