地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、流山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

流山の地域情報サイト「まいぷれ」

見て!!見た!! 流山のイベント!

青木研スペシャルアンサンブル

青木研や花岡詠二ら豪華なメンバーが勢揃い

ジャズ録音100周年を祝って懐かしいジャズを生で

7月15日(土)、生涯学習センター流山エルズで、地元・流山が生んだ世界的なバンジョー奏者・青木研さんを中心に、日本を代表するクラリネット奏者・花岡詠二さん、トランペットの二井田ひとみさん、ベースの松永敦さん、松戸出身のテナーサックス奏者・渡辺恭一さん、ドラムのたきざわあつきさん、ボーカルの吉澤紀子さんという豪華なミュージシャンが揃ったコンサートが行われました。
左から青木研さん、吉澤紀子さん、松永敦さん、花岡詠二さん、二井田ひとみさん、たきざわあつきさん、渡辺恭一さん
左から青木研さん、吉澤紀子さん、松永敦さん、花岡詠二さん、二井田ひとみさん、たきざわあつきさん、渡辺恭一さん
今年はジャズのレコードが録音されて100年目ということで、青木さん秘蔵の蓄音機で1917年録音されたSPレコードを聴いて、同じ曲を生演奏でも聴くなど趣向を凝らしたプログラムでした。第7回流山ジャズフェスティバルの一環として企画されたものです。
オールディズコーナーでは、1960年代の懐かしい名曲が次々と飛び出しました
オールディズコーナーでは、1960年代の懐かしい名曲が次々と飛び出しました
青木研さん秘蔵の100年前の78回転SPレコードを蓄音機で聴く趣向も
青木研さん秘蔵の100年前の78回転SPレコードを蓄音機で聴く趣向も
クラリネット奏者の第一人者・花岡詠二さんは、この日、ピアノも演奏。日本大学芸術学部で後進の育成にも力を入れている花岡さんは、音楽の歴史の難しいお話も軽妙な語り口で解説し会場を笑わせていました。
ボーカルの吉澤紀子さんが登場すると花岡詠二さんはピアノを演奏し会場を盛り上げます
ボーカルの吉澤紀子さんが登場すると花岡詠二さんはピアノを演奏し会場を盛り上げます
客席を演奏しながら練り歩く「聖者の行進」は圧巻です
客席を演奏しながら練り歩く「聖者の行進」は圧巻です
青木研さんは、この日のコンサートの後、ハンガリーの大きな音楽祭に招かれ日本を離れ、9月2日(土)に流山駅を中心に企画されている「流鉄ビア電車」にもご出演の予定です。楽しみですね。