地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、流山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

流山の地域情報サイト「まいぷれ」

見て!!見た!! 流山のイベント!

2015年10月17日(土)第4回利根運河シアターナイト2015が開催されます!

利根運河通水125年。大学生が利根運河を盛り上げようと準備に奔走しています。

昨年は学生手づくりの高瀬舟を浮かべ色鮮やかな演出を凝らしました
昨年は学生手づくりの高瀬舟を浮かべ色鮮やかな演出を凝らしました
今秋4回目となる利根運河シアターナイト2015は、東京理科大学建築学科の学生を中心に、「またたき(=瞬間)」をテーマとして開催されます。

国内有数の明治期の「土木遺産」である利根運河。
明治23年に完成した利根運河は、全長8.5キロの流路延長を持ち、昭和初期まで利根川と江戸川を結ぶ舟運路として栄えていました。
オランダ人技師ムルデルにより設計され、民間会社により建設されたもので、「運河」といえば海の近くというイメージですが、内陸部に設けられた運河は珍しいですね。
故・今村清之助氏に1903年、利根運河株式会社から贈られた手水石がご遺族からの寄贈で運河水辺公園に設置され除幕式も
故・今村清之助氏に1903年、利根運河株式会社から贈られた手水石がご遺族からの寄贈で運河水辺公園に設置され除幕式も
午後1時から、オランダ大使館からお客様をお招きして、手水石の除幕式などの式典が行われます。
この除幕式が行われる手水石は、生前、利根運河株式会社に貢献のあった故・今村清之助氏に贈られたもので、通水125周年を機にご遺族から寄贈を受け、運河水辺公園に設置されるそうです。
「流川市」のマスコットキャラクター魚心くんとの撮影会も(写真は9月23日の流鉄100年イベントで)
「流川市」のマスコットキャラクター魚心くんとの撮影会も(写真は9月23日の流鉄100年イベントで)
ミニコンサートなどを経て、「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」という人気アニメのゆるキャラ「魚心くん」というゲストとして参加するなど、昼間は流山市産業振興部の「流山本町・利根運河ツーリズム推進室」の皆さんが進めています。
シアターナイトは、2012年から始まって4回目。実行委員会は、東京理科大学理工学部建築学科1~3年生の15人の若者たちが共同で主宰する学生団体。
建築、都市の視点から劇場的空間やイベントの計画、運営を考え、現在、建築学科の1~3年生有志76人が若い感性を結集して、準備を進めています。
訪れた方々の記憶に残るよう五感の、特に「視る・聴く・触る」にフォーカスしたコンテンツにより、感覚の共有を図って、今後の交流のきっかけを目指すます。
「視る」では、自主制作の映像や、既存の映画を映しだす「ムービー」や、学生の皆さんによるアート作品による空間演出「空間デザイン」。
「聴く」では、地域のお子さんを中心に作成する竹風鈴「ワークショップ」。
「触る」では、会場で行われる自由にご参加いただける巨大布アート「ワークショップ」や、会場に一体感をもたらす提灯の販売「グッズ」、そして賑わいイベントにつきものの飲食店の出店「カフェ」という構成。

【スケジュール】
16:00~21:00/店舗ブースの開店
16:00~18:00/東京理科大学各団体によるライブ
16:00~21:00/アート作品展示
18:30~21:00/シアター上映 
18:00~18:30/ワークショップ作品展示演出

※以下は昨年の出店風景(写真をクリック頂くとお店のページへ)
江戸川台西の食遊間「あ・う・ん」さん
信州おやきの「してかんや」さん
利根運河堤のBrasserie しんかわさん
【主催】東京理科大学「利根運河シアターナイト2015」実行委員会(佐々木毬乃実行委員長)の学生の皆さん

【後援】国交省関東整備局江戸川河川事務所、流山市、流山市教育委員会

【会場】運河水辺公園(東武アーバンパークライン運河駅4分)。

【問合せ】流山市産業振興部流山本町・利根運河ツーリズム推進室(04-7168-1047)

Theaternight~利根運河~Facebookページ

※雨天の場合は翌18日(日)、それも雨だった場合には24日(土)18:00~21:00

イベントスケジュールはこちらでも確認できます。