地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、流山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

流山の地域情報サイト「まいぷれ」

読書補助犬を知ってますか?どうぶつとの絆と「わんわん読書会」

読書補助犬を知ってますか?どうぶつとの絆と「わんわん読書会」読書補助犬を知ってますか?どうぶつとの絆と「わんわん読書会」
第1部 (13:00~13:30) 千葉県動物愛護センター 東葛飾支所長 篠田 英雄さん「どうぶつとの絆・愛護センターの役割」 
柏市高柳にある千葉県動物愛護センター 東葛飾支所の支所長をお招きし、人と動物との絆がいかに大切なのかを、現在の動物愛護のお立場からお話し頂けます。かわいい猫ちゃんやワンちゃんが保護されていて、定期的に譲渡会も開催されています。愛護センターのお仕事の内容などお話し頂けます。
第2部 (13:40~15:00) 公益財団法人日本動物病院協会(JAHA)相談役 獣医師 柴内裕子さん「CAPPボランティア活動・『R.e.a.dプログラム』について」
動物介在教育の一環として、犬に本を読み聞かせるプログラム「R.e.a.dプラグラム」を行うための事前講演会の2回目になります。
今回ご縁があって、流山市立こども図書館でもこの「R.ead プログラム」を来年4月より開催できる運びとなりました。
公益社団法人日本動物病院協会おおたかの森、こども図書館、どんぐり学童クラブ、おおたかの森センターの共催、流山市社会福祉協議会の後援、森の図書館の協力を得て、千葉県内で初めて実現するものです。
カテゴリ講演、シンポジウム
開催日2019年2月2日(土)
平成31年2月2日(土)13時~15時
開催場所流山市おおたかの森センター
千葉県流山市市野谷621-1
【電車でお越しの場合】
東武アーバンパークライン/つくばエクスプレス(TX)「流山おおたかの森」駅西口/南口より徒歩11分
【バスでお越しの場合】
「流山おおたかの森」駅西口京成バス【流03】(流山市役所・平和台駅経由)→『おおたかの森小・中学校』下車すぐ
料金無料
イベントの公式URL(PC)http://otakanomori.city/
柴内裕子第4代日本動物病院協会の会長を勤められ、現在は相談役として活躍されている、日本で初めての女性獣医師の先生です。
Readプログラム「R.E.A.D.」は「読む」という意味だけではなく、「Reading ・ Education ・ Assistance ・ Dog」の略でもあります。
11月の講演会をされた今西乃子さんの著書「読書介助犬 オリビア」の中で紹介されているアメリカのソルトレイクシティの図書館において、実際に行われているプログラムです。
「R.e.a.d.プログラム」を、こども図書館では「わんわん読書会」という名称で、2019年4月より、毎月第2日曜日に(8月を除く)2020年1月まで、計8回開催いたします。
三鷹市図書館での「R.e.a.d プログラム」は今回ご講演される、柴内裕子先生が、体系的につくられ実施されています。「R.e.a.d.プログラム」は、公益社団法人 日本動物病院協会のボランティアスタッフが運営をしますが、今回、ボランティアスタッフも募集いたします。
JAHAJAHAは、動物病院を中心とした公益社団法人で「Japanese Animal Hospital Association」の略です。動物医療の充実のための継続教育、動物病院による地域社会貢献、アニマルセラピーの推進など、JAHAの主な事業は、人と動物の幸せな暮らしを守り、社会全体の公益につながるものです。
CAPPCAPP訪問事業とは、アニマルセラピー推進のための事業で、普段、動物と接する機会がない方を訪問して、動物の持つ温もりや優しさに触れていただく「Companion Animal Partnership Program」の略です。JAHAは、このCAPPを動物病院を中心とした福祉活動として推進しています。
お問い合わせ先こども図書館
TEL:04-7159-7041