地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、流山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

流山の地域情報サイト「まいぷれ」

ともに生きる 平和・いのち・人と動物の絆

ともに生きる 平和・いのち・人と動物の絆
江戸川大学こどもコミュニケーション研究所・メディアコミュニケーション学部こどもコミュニケーション学科の共催で、今をときめく、フォトジャーナリストでノンフィクション、写真絵本作家の大塚敦子氏を講師にお招きし、第 8 回こどもコミュニケーションフォーラムを開催します。今回のフォーラムのテーマは「平和のためにできること」です。子どもも大人も学生も、お気軽に学園祭とあわせてご参加ください。後援は、流山市教育委員会、流山市社会福祉協議会、江戸川大学駒木学習センター。
カテゴリ講演、シンポジウム
開催日2018年11月3日(土)
11 月 3 日(土)11 時~ 12 時 30 分
開催場所江戸川大学
流山市駒木474
B 棟 1 階メモリアルホール
学園祭が同日開催のため、本学駐車場は利用できません。公共交通機関をご利用ください。
流山おおたかの森駅東口より、スクールバス(無料)をご利用いただけます。
料金無料、先着順(事前申込み不要)
大塚敦子氏1960 年生まれ。上智大学文学部英文学科卒業。パレスチナ民衆蜂起、湾岸戦争などの国際紛争の取材を経て、死と向きあう人びとの生き方、自然や動物との絆を活かして、罪を犯した人や紛争後の社会を再生する試みなどについて執筆。
『さよなら エルマおばあさん』(小学館)で、2001 年講談社出版文化賞絵本賞、小学館児童出版文化賞受賞。コミュニティ・ガーデンによる内戦後のボスニアの平和構築を描いた「平和の種をまく ボスニアの少女エミナ」(岩崎書店)が 2008 年青少年読書感想文コンクール小学校高学年の部の課題図書、聖路加国際病院小児病棟でのセラピー犬と子どもたちの交流を描いた『犬が来る病院』(角川書店)が2017年高校生の部の課題図書に選定。『〈刑務所〉で盲導犬を育てる』(岩波ジュニア新書)、『地雷のない世界へ はたらく地雷探知犬』(講談社)、『いつか帰りたいぼくのふるさと 福島第一原発 20 キロ圏内から来たねこ』(小学館)など著書多数。
お問い合わせ先江戸川大学企画総務課
TEL:04-7152-9908
kodomoc@edogawa-u.ac.jp
電話は平日9時~17時
FAXは 04-7153-5904