地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、流山市の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

まいぷれ広場のコミュニティスレッド

九十九屋さんたの妖怪古今録」コミュニティ

[雑談] 【妖怪古今録】葵の影に妖あり

地図の大きさを変える 閉じる 小さく開く 大きく開く

【妖怪古今録】葵の影に妖あり

ブックマークに追加する

ブックマークフォルダーを選んでください。

ブックマークするにはログインが必要です。

メルアド

パスワード

九十九屋さんた  さん

2009/06/03 18:25:01
全てに公開 返信数(0)

ある夜の事、男が根木内の池にきた。
池は七頭の大蛇が出て、将軍家所縁の者に退治されたという。そんな池なので釣りをするものもなく、池には魚が多かった。釣り始めれば魚は簡単にとれ、怯えも欲に負けていった。気付けば魚篭は満杯になっている。
戻ろう。そう思った時、池の方で何かが動いたように思えた。

池の中、お堂が見えた。そこは蛇を祭っているという。聞こえてきた。ありえない声が。男は叫びを上げ、逃げ出していた。気付けば魚篭の中に魚は一匹もいない。
「黄門め、余計なものを作りやがって」と男は苦々しげに呟いた。

黄門は光圀に、太閤は秀吉にといわれるように、黄門とは水戸光圀の事です。
現在、根木内の七面神社の辺りには池がありました。釣り好きな校門様が池で釣りをしていると、蛇が出てきて足をなめました。仕えていた武士は蛇を無礼討ちしてしまいます。その夜の事です。池から水柱があがったと思うと大蛇が現れ、黄門さまに襲い掛かります。

「よくもわが子を」という声を聞きながら黄門さまは冷静に火攻めを指示します。油をまかれ、火矢を射掛けられ、蛇は焼き殺されてしまいました。殺したものの黄門さまは哀れに思われて、親子の蛇を一つの壷にいれてお堂を建てて祭ったのです。
池はその後、おいてけ堀となったようで、魚をとると、堂が異音を発したといいます。
黄門さまは諸国を漫遊した印象がありますが、お話の事で、ほとんど自分の領内と江戸近辺を行き来していただけといいます。
ところが松戸には水戸街道がありますから、本当に立ち寄られたのです。その為、黄門さまはいくつか伝説を残しているのですが、それは何れまた。

コメントの古い順コメントの新しい順

被ブックマーク数(0)コメント数(0)

コメントする

コメントするにはログインする必要があります。

コミュニティ「九十九屋さんたの妖怪古今録」の最新コミュニティスレッド

続きを見る(全12件)

タイトル(コメント数)

投稿者

最終更新日時

【妖怪古今録】お稲荷さんと飯綱(0)

九十九屋さん...

2009/06/30 19:18

【妖怪古今録】八千代の権現さま(0)

九十九屋さん...

2009/06/30 19:15

【妖怪古今録】上本郷の人魚(0)

九十九屋さん...

2009/06/08 15:40

【妖怪古今録】藪知らずの由来(0)

九十九屋さん...

2009/06/03 19:03

【妖怪古今録】黄門さま藪知らずに行く(0)

九十九屋さん...

2009/06/03 19:01

【妖怪古今録】妙正寺と七経塚(0)

九十九屋さん...

2009/06/03 18:40

【妖怪古今録】国府台合戦の予言(0)

九十九屋さん...

2009/06/03 18:35

【妖怪古今録】岩田の刀自(0)

九十九屋さん...

2009/06/03 18:31

【妖怪古今録】片葉の葦(0)

九十九屋さん...

2009/06/03 18:27

【妖怪古今録】葵の影に妖あり(0)

九十九屋さん...

2009/06/03 18:25